それぞれのSNSでシェアーをお願いします。

民間の皆さん一人ひとりのご支援だけで製作される映画です。2,000円から、あなたのお名前をエンドロールに表記。映画と共に永遠に刻まれます。クラウドファンディングに引き続き、ご支援参加継続中です。

2020.2.14日現在 支援参加者数   3,600
支援総額 48,599,211

特 報

令和2月13日  参議院議員会館にて、制作発表記者会見を開催!

001.jpg 002.jpg 003.jpg 004.jpg 005.jpg 006.jpg

みなさんのお陰で 本日、令和2年2月13日(木)午後3時より、参議院議員会館地下1階B104会議室で、映画「めぐみへの誓い」の制作発表記者会見を行う事ができました。
 
制作発表記者会見で、全国の皆さんにご報告させていたのは主に2つ。
①主要キャストの紹介 ②完成時期 をご報告させて頂きました。

詳しくは、新着情報でお伝えしておりますので、ご覧頂きますよう、よろしくお願いします。(下にマスコミ各所に事前にお送りしたご案内をPDFファイルで公開させて頂きました。)
 
本当に、みなさんのお陰で、やっとここまで来れました。でも、ここからが本当の戦いになります。
今後とも、ご支援、ご鞭撻をお願いすると共に、これからも、私たちと一緒に戦って下さい。よろしくお願いいしたします。
 
LinkIconマスコミ向け映画「めぐみへの誓い」製作記者会見のご案内.pdf

制作情報共有のために【新着情報】にご注目下さい。➔

キャスト&製作スタッフも続々決定!新たなるフェイズへ

横田めぐみさんが拉致されてから42年間、一度も製作されなかった日本映画を民間人支援だけで作り上げ、世界の良心ある人々の魂を揺さぶることで、北朝鮮による拉致問題の真実を全世界に告発する。という、この無謀ともいえるプロジェクトは、多くのみなさんの賛同と共感を得て、クラウドファンディング&直接の指定口座へのご支援金と、その一人ひとりの思いと願いをもとにして、いよいよ「本格的な映画製作」という新たなるフェイズに入る事ができました。 これから、本格的なロケハンに入ると共に、製作スタッフと出演キャストも、志が高い素晴らしいメンバーが続々と決定しています。 是非、これからの【新着情報】にご注目下さい。これからは、ほぼ第一次情報となると思います。この情報をご支援頂いたみなさん、そして、拉致問題解決に心をよせるみなさんと共有し、みなさんがご自身配信のSNSで広げて頂けることが、拉致問題解決への関心を高める事にも繋がり、それがひいては、拉致被害者のご家族の希望にもなるはずです。是非、更なるみなさんのご協力とご支援が必要です。 これからも一緒に戦って下さい。心からお願いいたします。 広報プロデューサー 阿部輝忠(モレ) 

 

2020.02.13

令和2年2月13日(木)午後3時より、参議院議員会館地下1階B104会議室で、映画「めぐみへの誓い」の制作発表記者会見を行いました。

2020.01.08

2019年11月23日 北朝鮮不審船を見に行った。PART1.

映画ロケ地を探していたら不審船が揚がったとの連絡があったので、北朝鮮不審船を見に行ってきましたので、ご覧ください。

2020.01.04

民間の力で「拉致被害者奪還」の奇跡を起こしたいのです

今年こそ、昭和と平成という時代に閉じ込められた、「自由」と「希望」という名の光を、令和に生きるみんなの力で世界に解き放なとうぜ!

キャスト(CAST)

拉致問題を自分の事として捉えて、演技者として自分ができることをしたい。と自ら集まって下さった、高い志を持った素晴らしいキャストが集結しました。
みなさん、特に若いキャストを応援して下さい。そして、出来ましたら、みんなで守ってあげて下さい。
今回は、記者会見で紹介されたキャストだけお知らせしますが、これからどんどん素敵なキャストたちが参加、追加されて行きますので、是非、ご注目下さいね。

 

横田 滋

原田 大二郎


 

横田早紀江

石村 とも子 


 

横田めぐみ

菜月


 

横田めぐみ(少女)

坂上 梨々愛


 

田口 八重子

安座間 美優


 
 

金 賢姫

小林 麗菜


 

辛光春

大鶴 義丹


 
 

夏仙

仁支川 峰子


 

金本印刷社長

小松 政夫


 
 
 

今までご支援頂いた、そして、これからご支援参加をご検討頂いている皆様へ。

7月7日23時にスタートし、10月4日23時に終了したクラウドファンディング。
そして、チラシや口コミで私たちの、映画「めぐみへの誓い」製作プロジェクトをお知りになり、ご支援参加を決断し、北都銀行に直接支援金をお振込み頂いた方々を含めた、11月19日現在の支援参加者は、3561人。支援総額は、46,071,211円となりました。(最新支援情報は、トップページをご覧ください。) 
 
この支援総額は、こちらのネット記事を信じるとすれば国内の映画クラウドファンディング史上最高額約3900万円を集めて大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」を超える事になったと思われますし、横田めぐみさんが拉致されてから42年間、一度も日本映画界では製作されなかった「北朝鮮による拉致被害者を救出する目的のための映画作り」に、日本国民の一人、いや、外国人支援者の方もおいでになりますので、一人の民間人として参加して頂いたみなさんを、同じ志を持つ仲間として心から誇りに思うと共に、みなさんのその思いと願いと一緒に、これから本格的な映画作りに取り組めるこの現状を、心から感謝し、本当に光栄なことだと思っております。
 
さて、皆さんからお預かりした、支援金を元にして、私たちスタッフ全員、覚悟を決めて、本格的な「世界に持って行くための映画製作」という次のフェイズに入る事になりましたが、ご支援の方は引き続き、リターンをお約束するクラウドファンディング方式で続けて行きたいと思っております。
 
初めての方は、リターンとは何?と思われる方もおられるかもしれません。
リターンとは、簡単にいえば、「ご支援頂いた金額に対しての、私たち主催者からの心ばかりのお礼」と考えて頂ければわかりやすいと思います。
私たちの基本となるリターンは、「ご支援頂いた方のお名前を、映画のエンドロールに表記させて頂くこと」となります。

これは、「私たちは、北朝鮮による拉致被害者を助け出す事を絶対にあきらめない。」というあなた個人の意思表示を世界に示す事であり、それによって、この映画「めぐみへの誓い」は、現在の先進国である日本で、現実に起きている真実である。という事を世界に証明する事にも繋がります。
 
 人によっては、「日本国の恥を世界に広めることになる。」という方もおいでになるかもしれません。でも、昭和、平成と、同胞である日本人をまるで生贄にするように見捨ててきた事はまぎれもない真実であり、だからこそ、令和に生きる我々の手で、この無慈悲で無残な人権問題に決着をつける必要があると考えますし、それがこの国の未来に、日本人として生きる小さな子供たち、そして、これから生まれてくる子供たちのためでもある。と信じます。
 
これからも、一緒に戦って下さい!
みなさんの引き続きのご支援を、どうかよろしくお願いいたします。
 

映画「めぐみへの誓い」製作委員会 広報プロデューサー阿部輝忠(モレ)

 

 
■ご注意
このホームページの「買い物かごシステム」は、クラウドファンディング専用のシステムではなく、一般的なネットショッピング用のシステムを利用している事から、各リターンを「商品」とか「購入」とかの表示になってしまっておりますが、ここでは、あくまでも商品として販売しているのではなく、ご支援金に対するお礼のリターンである事をご理解頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

海外配給に耐えうるクオリティにするため
更なるご支援参加をお願いします。

ご支援参加リターンは以下になります。ご覧下さい。

今までのみなさんの多くのご支援のお陰で、決算代行サービスを提供してくれるイプシロンさんの審査を無事通る事ができました。

今後は、 「北都銀行」への銀行振り込みの他、

「クレジットカード決算」として、VISAMASTER
 
 
「コンビニ決算」として、ローソン/ファミリーマート/セイコーマート/ミニストップ。
 
 
 

「ネット銀行決算」として、ジャパンネット銀行/楽天銀行
 
 
をご利用頂き、ご支援に参加して頂く事が可能となりました。
引き続き、多くのみなさんへのお声がけも含めて、ご支援とご協力をお願い致します。


ご支援コース

※下のコースをクリックすると、詳細ページが表示されます。

映画の最後、エンドロールにあなたのお名前(小サイズ 6文字までのお一人様の個人名-愛称やニックネームも可-に限らせて頂きます。)を表記します。


映画の最後、エンドロール 小サイズ10文字まで、個人名か組織名(会社名も含む)を表記して頂けます。(個人名はお一人様。組織名も一組織様に限らせて頂きます。)+ 出演者&関係者からのお礼のメッセージ映像をご覧頂けます。


映画の最後、エンドロール 中サイズ10字まで、個人名か組織名(会社名も含む)を表記して頂けます。(個人名はお一人様。組織名も一組織様に限らせて頂きます。)+ 出演者&関係者からのお礼のメッセージ映像をご覧頂けます。


エンドロール 中サイズ10文字まで、個人名か組織名(会社名も含む)を表記して頂けます。(個人名はお一人様。組織名も一組織様に限らせて頂きます。)+ 「撮影時のメイキング映像」と「出演者&関係者からのお礼のメッセージ映像」をご覧頂けます。


札幌開催の上映会ご招待数は1名様 + 15,000円支援コースと同等のリターンを受けられます。
開催日時場所は未定。2020/5/10-9/30迄に札幌市内で開催予定。2020/1/31までに決定。
参加申し込みは、開催地、開催場所が決定後、メールで詳細をご連絡させて頂きます。申し込み期間は2020/2/1~開催日1か月前迄。


秋田開催の上映会ご招待数は1名様 + 15,000円支援コースと同等のリターンを受けられます。
開催日時場所は未定。2020/4/1-5/15迄に秋田市内で開催予定。2020/1/31までに決定。
参加申し込みは、開催地、開催場所が決定後、メールで詳細をご連絡させて頂きます。申し込み期間は2020/2/1~開催日1か月前迄。


東京開催の上映会ご招待数は1名様 + 15,000円支援コースと同等のリターンを受けられます。
開催日時場所は未定。2020/5/10-9/30迄に東京都内で開催予定。2020/1/31までに決定。
参加申し込みは、開催地、開催場所が決定後、メールで詳細をご連絡させて頂きます。申し込み期間は2020/2/1~開催日1か月前迄。


名古屋開催の上映会ご招待数は1名様 + 15,000円支援コースと同等のリターンを受けられます。
開催日時場所は未定。2020/5/10-9/30迄に名古屋市内で開催予定。2020/1/31までに決定。
参加申し込みは、開催地、開催場所が決定後、メールで詳細をご連絡させて頂きます。申し込み期間は2020/2/1~開催日1か月前迄。


大阪開催の上映会ご招待数は1名様 + 15,000円支援コースと同等のリターンを受けられます。
開催日時場所は未定。2020/5/10-9/30迄に大阪市内で開催予定。2020/1/31までに決定。
参加申し込みは、開催地、開催場所が決定後、メールで詳細をご連絡させて頂きます。申し込み期間は2020/2/1~開催日1か月前迄。


福岡開催の上映会ご招待数は1名様 + 15,000円支援コースと同等のリターンを受けられます。
開催日時場所は未定。2020/5/10-9/30迄に福岡市内で開催予定。2020/1/31までに決定。
参加申し込みは、開催地、開催場所が決定後、メールで詳細をご連絡させて頂きます。申し込み期間は2020/2/1~開催日1か月前迄。


門外不出の野伏翔監督書下ろし映画オリジナル台本を、指定のURLにアクセスして頂いて、PDFファイルとしてダウンロードしてご覧頂けます。(公開期間は2020/9/30まで)
+ 15,000円支援コースと同等のリターンを受けられますが、大きな違いは、エンドロール 中サイズ10字まで、個人名か組織名(会社名も含む)を3件、表記して頂けます。(お申し込み時に、3件の表記名をご入力下さい。)


東京開催・メインキャスト総出演の特別試写会に2名様をご招待 +当日特別試写会参加の方の特典としてのキャスト使用同様のリアル台本を入場会場ブースにてのご譲渡。欠席の方にはお渡しできませんがご了承ください。(PDFファイルによるオリジナル台本も指定URLにてダウンロードしてご覧いただけます。公開期間は2020/9/30まで)
+15,000円支援コースと同等のリターンを受けられます。(表記は1件となります。)


エンドロール大サイズ12文字まで、個人名か組織名を表記の上、他にも、あなたの北朝鮮拉致問題へのメッセージを小サイズ20文字までを世界に向けて表記して頂けます。
+ 50,000円 東京開催・特別試写会と同等のリターンを受けられます。


エンドロール大サイズ12文字まで、商品名(個人名も含む)か、組織名(会社名も含む)、を表記の上、商品を映画の本編映像に出して頂けます。(時代設定などに合わない場合は、エンドロールバックの映像で紹介する事になります。)
+ 50,000円 東京開催・特別試写会コースと同等のリターンを受けられます。


エンドロール大サイズ12文字まで、個人名(社長名も含む)か組織名(会社名も含む)の表記
+ 動画出演15秒(例えば、エンドロール時に会社名と社員全員が映り、社長がメッセージを発言する。など)+50,000円 東京開催・特別試写会コースと同等のリターンを受けられます。


エンドロール大サイズ12文字までの個人名(芸名も含む)表記
+ エキストラ役での映画出演(役は監督の判断によります。)
+ 50,000円 東京開催・特別試写会コースと同等のリターンを受けられます。


 広報活動にご協力して頂ける方へ

(多くの皆様からチラシ、ポスター、名刺サイズの広報グッツがあれば、もっと強力できるのに!とのご指摘を頂きました。ご自由にお使い頂きご拡散をお願いいたします。)

A4チラシのPDFデーターを印刷して、多くの方にお声がけ、ご紹介をお願いします。→

 監督&プロデューサーからのメッセージ

 

原作・脚本・監督

野伏 翔


 今の参議院議員選挙運動でも拉致の解決を語る候補者はいません。という事は、政治家に任せていたら、この問題は解決しないと言えます。

 もちろん、外務省も頼りにはなりません。

 私たちは、「めぐみへの誓い」という映画を、民間の力だけで作り、国内外に発信し、拉致被害者たちが今現在、無慈悲な独裁国家の中で、強制収容所や公開銃殺という、この現代にある事が信じられない体制の中で、恐怖と背中合わせに、ギリギリに生きている現実を伝えたいと思います。

 しかし、見る人の心を動かすためには、理不尽さへの怒りだけではなく、映画としての感動が無くてはなりません。

 逆境の中で生き抜く、横田めぐみさんや田口八重子さんの他の被害者、そして、救出のために戦い続けるご家族に共感し、感動の涙を流す映画を必ず作ります。

 シナリオには、藤田進さんや山本美緒さんをモデルにしたキャラクターも配し、880数名の特定失踪者の方々の存在もアピールします。

 日本中の人と、世界の良心ある人々にも訴えて、世論を喚起する感動作を必ず創ります。

 

総合プロデューサー

松村 譲裕 


 「トランプなら何とかしてくれるかも知れない」「安倍さんしかいない」
 
 私も正直そんな思いに駆られもしました。でもそれだけでは無理です。今までもチャンスはありました。でも自ら出来ることに皆が取り組まなければ、又チャンスを逃します。
 
 今、米朝、日米関係を考えると、被害者奪還解放の好機である筈です。でも下手をすると被害者は置き去りか上手く行っても一部だけの帰国でお茶を濁される可能性があります。又、傍観するのか、、、
 
 東日本大震災の時、日本中の方々が被災地を思い今自分に出来ることを考えちょっと無理して行動しました。あの時の気持ちに日本中がなれば、世界を動かせると信じます。あの時は津波、そして被災地の映像がありました。この映画はあの映像です。「天命を信じて人事を尽くす」出来ることは何でもやる。絶対に見殺しにはしない。家族と再会させてあげたい!
 
 私も演劇を観る前は「演劇なんかふざけてないか」と感じることもありました。が、演劇を観て考えが変わりました。映画、演劇には講演や活字では伝えられないものを伝える力があります。拉致被害者や北朝鮮の方々を直接感じることが出来ます。そして講演会には集まらない様々な方々に伝えることが出来ます。この人間の持つ感情に訴えることで、今の状況を打破したいと考えています。
 
 より訴求力の映画と沢山の支援者参加のエンドロールを作ることが重要です。少しでも多くの方々にご支援参加頂きたい。
この運動はやると言った以上失敗は許されないものと認識しています。強い決意をもって進めて参りますので、ご支援参加と拡散ご協力お願い致します。
 

今までの取り組み

クラウドファンディング発足前に

ご寄付を頂いた皆様へ

 

クラウドファンディングが始まる前に、ご支援、ご入金頂いた皆様にも、勿論、
その時のお約束通りのリターンを実施致しますのでご安心ください。
このプロジェクトへの尚一層のご協力とご拡散をお願い申し上げます。

令和元年7月7日から挑戦し10月4日(金)23:00 に成立しました。クラウドファンディングのページをご覧頂き、その過程をご覧ください。

海外配給に耐えうるクオリティにするため、更なるご支援参加をお願いします。